こんにちは、井村です。

今回のタイトル、ちょっとエロい響きがありますが、もともとは人間がエデンの園から追い出される話なんです。多分失楽園でエロさを感じるのは日本人だけでしょうw

話としては、エデンを管理していた人間の女性にヘビが話かけ、智慧の実を食べるようにそそのかします。最初はためらう女性ですが、美味しそうで、神のような智慧をもたらす果物の誘惑に負けて食べてしまいます。そしてアダムにもその果物を食べさせます。

人間は神が言ったようには死なず、かわりに智慧に目覚めます、そして自分達が裸であることに気付いて隠そうとしていると、エデンを散歩していた神に見つかり、バレてしまいます。

ここで不思議なのが全知全能であるはずの神がかなり出し抜かれている事と、エデンを散歩してる事です。やってる事が人間っぽいw

まあ、ともかく、果物を食べたのがバレて、ヘビと人間に神罰が下ります。内容は、ヘビは全ての生き物の中で最も呪われた生き物になり、地面を這うようになり、人間と永遠に敵対するというものです。

女性には出産の時の痛みを与え、夫に対する支配欲を持つが、夫に支配されるようになるという罰を。

男性には、地上が呪われ、食べ物をえるのに働かなくてはならない。という罰が与えられます。

このように聖書では、いろんな話に乗せて物事の説明的な下りがあります。しかし女性の夫に対する支配欲がこんな昔からあったとは…